VアップシェイパーEMS ジェルは激安でOK?サイズ選びの注意点

EMS用のジェルの代用は水が◎?オススメの激安ジェルを選ぶのも有り

EMS用のジェルは市販店舗が無いのでインターネット通販を利用して購入することになります。ですが、すぐに買う方法がないとなると使いたいときに無いというトラブルがつきものです。
そんな時に代用できるのが水です。皮膚を濡らすことで痛みを軽減出来るので同じような効果が得られます。ただし、すぐに乾いてしまうので持続時間は短めです。
どうしても切らしたくない方はセットで安くなっている物をストックしておくと安心でしょう。

サイズ選びでピッタリはNG?

サイズは男性、女性共用でSから3Lまで用意してあります。EMSは大きさを間違ってしまうと効果が出てきません。選び方のポイントは、お腹のくびれている部分を計測しその大きさとサイトに掲載されている商品から適切な大きさを照らし合わせることです。また、正しいつけ方をしないと同じように効果が出なくなってしまいます。付け方も必ず説明書を読み、正しい使用方法を確認したうえで使い始めることが効果を早くに感じられるコツです。

充電30分で約3時間使えますが…

EMSは電池不要の充電式です。そこで気になってくるのがどれくらい充電が持つかだと思います。フルにするまでの充電時間は30分ほどで、満タンであれば3時間ほど使うことができます。1日の利用合計時間が30分以内までとされているので、満タンまで充電してしまえば6回は充電いらずで使用することができる計算です。頻繁に充電をする必要がないので手間にもなりませんし、電気代が無駄にかかることもないのはうれしいポイントですね。

やってはいけないNGな『寝ながら』・『やりすぎ』

EMSは1日30分までにするようにと決められています。やりすぎてしまうと筋肉疲労に繋がってしまったり、肌にダメージを与えて火傷やミミズ腫れといった皮膚の炎症を引き起こしてしまいかねません。
また、EMSは筋肉を動かすため常に筋肉を緊張状態にすることになります。寝る時に身に着け、そのまま寝ながらやるというのは脳に刺激を送り続けることになるので睡眠にとって大切な脳を休める行為の妨げになってしまいます。決められた時間を守り、寝るときに使用することは避けることが大切です。

洗い方で注意するべき点とは?

毎日使用してこそ効果が発揮する物なだけに洗濯については悩みどころではないでしょうか。コントローラーは取り外しができるので故障する心配はないので安心して洗えます。洗うときには説明書の洗い方に従って洗うようにするのが大切です。型崩れをさせないように手洗いをすることが一番ですが、どうしても洗濯機を使う場合は洗濯ネットへ入れてドライコース(手洗いコース)を利用するようにしましょう。洗い替えとしてもう1セットあると継続して利用することができるのでおすすめです。