VアップシェイパーEMSとその他のEMS器具を徹底比較!

 

SNSやネットの口コミで評判の高いVアップシェイパーEMS。

 

でも、ほかのEMS器具と比較すると実際のところどんな違いがあって、どれが金額的にお得なんでしょうか。

 

また、どんな人向けなのかなども含めて、ここではあらゆる視点から徹底的に比較します!

 

人気EMS器具の3つの値段や機能面を比較!

 

 製品名 値段(税込) 送料 販売店(店舗) サイズ選び

充電
使用時間

ジェルの種類 強度レベル
VアップシェイパーEMS 11,858円 無料 ネット通販 58〜93cm

30分
3時間

塗るタイプ
(マグマジェル)

1〜10
SIXPAD(シックスパッド) 46,440円 無料 ネット通販 58〜120cm

約5時間
30回(約11時間)

貼るタイプ
(専用高電導
ジェルシート)

1〜15 or 20
スレンダートーン 32,184円 無料 ネット通販 61〜115cm

2〜3時間
約5時間

貼るタイプ
(交換パッド)

1〜150

 

比較すると、値段は圧倒的にVアップシェイパーEMSが安いですね。

 

ただ、使用時間や強度レベルはシックスパッドやスレンダートーンのほうが多いです。

 

ジェルに関してはどのEMS器具でも代用は可能ですが、ジェルパッドに関しては器具にピッタリ合うようなサイズ選びができないと、火傷やピリピリなど刺激が出る恐れがあるので注意!

 

Vアップシェイパーのみ塗るタイプのジェル(マグマジェル)ですが、これに関しては水でも代用可能なので安上がりな点がメリットかと思います。

 

痩せる・痩せないに関しては個人差(体質や生活習慣)もあるので確実なことは言えませんが、あくまでEMS器具自体が補助的な役割なので、運動(有酸素運動や筋トレ)と兼ねてでの利用が望ましいです。

 

ちなみに、腹筋以外の足などを鍛えたい場合はパーツが複数あるシックスパッドなら対応できます。

 

SIXPAD(シックスパッド)って?その他機種と比較すると?

 

テレビのCMでもおなじみのシックスパッドは、腹筋や足など部位ごとに筋トレ可能な高機能EMS器具です。

 

高品質な分、電池は内臓式バッテリーでおよそ11時間と驚異的な長さで、レベルもVアップシェイパーより広範囲な強度20レベルまで対応。

 

お腹周りをシェイプするための【SIXPAD Abs Fit】、ウエストや腕、足も可能な【SIXPAD Body Fit】などがあります。

 

付けてボーッとするよりは、運動しながらの利用の意味合いが強くて、有酸素運動中や筋トレの最中に使うのが◎

 

ウォームアップからトレーニング、そしてクールダウンまで強度が自動的に変わる23分間のオートプログラムで効率的な腹筋運動ができます。
ただし、値段が3つの中でもっとも高いのがネックです。

 

スレンダートーンって?その他機種と比較すると?

 

 

お腹に巻くタイプなので、VアップシェイパーEMSのようにお腹まで輪っかを通す面倒さはないですが、シックスパッドのように貼るだけの手軽さはないです。

 

・付け方の手軽さ
・値段
・充電時間→使用時間

 

などすべてが中間的なレベルで、腹筋を一点集中して鍛えるというよりは広範囲に届くので、腹筋一点を集中して鍛えるというよりはお腹全体のシェイプに効果的です。

 

また、シックスパッドのようにパーツをそれぞれ買う必要がなく、1つで腹筋・二の腕・お尻なども鍛えられるのがメリットです。

 

 

比較してみてわかった事

 

まず、比較してわかったのはどれも通販限定で市販はされていないこと!

 

さまざまな体験談、口コミを見てきたものの、近くにある販売店で手に入れたという情報はなく、わたし自身も電話でメーカーさんに確認を取りましたがありませんでした。

 

VアップシェイパーEMSの場合、以前はイトーヨーカドーやロフト、ドンキなどに置かれていたようですが、現在はほぼどの販売店にも在庫がないと言われました。

 

たぶん、通販限定品となっているのかもしれません。

 

次に充電時間ですが、これは圧倒的にVアップシェイパーEMSがラクです。

 

たった30分の充電で3時間も使用できるので、ちょっとしたすき間時間に充電すればすぐ使えるのはお手軽ですね。

 

強度レベルについては、150まであるスレンダートーンが優秀です。
自分に合うレベルを見つけやすいです。

 

どれが優秀かについては、景品表示法で規制されているので触れられませんが…

 

◆筋トレして腹筋バキバキに → シックスパッド
◆お腹周りをシェイプ・ダイエットサポート → VアップシェイパーEMS、スレンダートーン

 

というイメージで考えてもらうとわかりやすいと思います。

 

ちなみに、この3つの機種のどれもが妊娠初期や産後、重度の生理痛、腰痛など当てはまる方の使用はオススメできないので注意してください!

 

>>VアップシェイパーEMSの実際の体験談!